PCR検査を受けてきました

みなさん、こんにちは。
相変わらず発熱が続いている旦那です。

 

先日コロナウィルスの感染の有無を確認する為、PCR検査を受けてきました。

ほぼ間違いなくコロナウィルスの感染ではないという事を内科の先生に

言われていましたが、いざ受けるとなるとかなり不安になり、

色々インターネットで事前に調べてみました。

 

唾液を採取する方法のようで、甘い物等は直前に飲まない方が良いと思い、

お水だけを飲んでいきました。

お金は内科の先生からの指示で検査を受ける為、発生しませんでした。

 

私が受けたのはドライブスルーで、直前まで車の窓を開けず、車の中で待機、

係りの人がプラカードを出して、声の無い会話をしました。

 「PCR検査を受けますか?受ける場合は手を挙げてください

 「指示があるまで窓を開けないで待機してください

などなどです。

 

検査の順番が回ってきました。

唾液の準備はバッチリです!

窓を開け、医師から「マスクを鼻の下までずらしてください

と言われ、「ん?鼻の下まで?」と思い、言われた通りにしました。

するとメッチャ長い綿棒を鼻にぐぐぐっ~と入れられました・・・

唾液じゃないんですかーーー?

急な出来事でビックリしました。

しかも結構痛いし・・・(泣)

終わったら速やかに帰宅・・・

 

翌日は在宅勤務でした。

集中していない訳ではないですが、まだ結果でないのかなぁと不安になりながら

午前中過ごしましたが、病院からは全く連絡がきません。

陽性の場合は保健所からも連絡があるようで、

 「保健所から電話来たらどうしよう?

と思っていました。

16時になり、流石に病院に連絡すると「たった今結果がでました。」

と・・・(ホントかな?)

結果は陰性でした。ホントにホッとしました。

6,000名以上の会社の第1号だったらどうしようとか色々考えちゃいました。

という事は、この発熱の原因は結局不明のまま・・・

困った、困った。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です