iPSから免疫細胞を作製?

みなさん、こんにちは。

サンタさんにプレゼントをおねだりしたい鬼嫁です。

 

先日、インターネットのニュースをみていたらこんな記事がありました。

 

iPSから対がん免疫細胞を作製 京大などが発表』 ⇒ 詳しくはこちら

 

人のiPS細胞から、がんへの攻撃力を高めた免疫細胞「キラーT細胞」を作製』

と、京都大学などのチームが発表したそうです。

 

人の体内では、がん細胞がどんどん生まれており、キラーT細胞のような免疫細胞が

そのがん細胞を「えいっ!えいっ!」と攻撃してくれているみたいです。

がんが若い人にあまり発症しないのは、きっとこの免疫細胞が

元気にたくさん頑張ってくれているからなのでしょうね。

 

ですが、免疫細胞が少なくなってしまったりして、攻撃が弱くなると

がん細胞が増えてきてしまい、結果、ガンが発症すると考えられているようです。

免疫細胞が少なくなるのは、やっぱり老化などが影響しているんですかね・・・

研究で、攻撃してくれる免疫細胞が体内に増えてくれれば、

ガンの治療や発症の予防にもなると思います。

まだ研究段階みたいなのですが、早くこの治療法が一般化されて、多くの人が

 「ガンなんて風邪と同じですぐ治るよー」

なんて笑って過ごせる日が来てくれたら嬉しいですね。

 

あまり医療のことに詳しくないのですが、良い治療法、予防法が出てきたら

これからも少しずつ情報発信していきます。

 

読んでいただきありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

他のブログを参考にしたい方は下のボタンをクリックしてください。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です