デュピクセント注射を打ちました。

みなさん、こんにちは。

なんだか最近モヤモヤしている鬼嫁です。

 

タモキシフェンの服用で全身の肌荒れがすごいため、

皮膚科の医師に薦められデュピクセントを打つことになりました。

 

血液検査をして、免疫にたえられるようだったので注射を打つことに。

看護師さんからの説明で、薬を冷蔵から常温に戻すので45分間待ってから

開始しました!

(※何だかコロナワクチンみたい)

太ももかお腹か腕に皮下注射をします。

 

初回は二本注射をするので、左右のお腹に一回ずつ。

ペンタイプのような注射で、普通の注射針と違い、打たれた圧が強かったです。

打った瞬間だけ痛くて、10秒くらいで終わりました。

 

そのあとアナフィラキシーなどの症状がでないか待合室で30分待機して、

特に異常がなかったので帰りました。

 

気になるお会計が二本の注射で4万円程でした。

結構お高いですよね。

でも乳ガンの治療もしていかなくちゃいないし、

肌も治してモチベーションをあげたいのでこのお金は必要経費ですね。

 

もうあちこち乾燥で地味に痛いので、早くよくなってほしいです。

今後も二~三週間に一回定期的に注射を打っていく予定です。

タモキシフェンを服用している間はデュピクセントを注射しないと

肌がもたなさそうです。(T-T)

 

朝、病院へ向かう際、高齢の方が多く集まってるなと思い、

恐る恐る覗いてみると、テレビで見たことがある看板が。

 

 

テレビではワクチン接種会場をよくみるけど、

実際に集まってる人と看板をみるのが初めてだったので

これが噂の会場か~とみちゃいました。

 

私は打つのかなぁ・・・これ以上注射を打つのは嫌だなぁ・・・

健康を維持していくにも色々大変だなぁって思います。

早く健康な生活に戻りたいと思います。

みなさんはワクチンを打てる時期は決まりましたか?

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

私、入院するの!?

みなさん、こんにちは。

海外旅行に行きたいと思っている鬼嫁です。

 

最近、タモキシフェンの副作用からくる全身の粉ふきや赤み、痒みに加え、

足全体にヒリヒリと痛みがまたでてきたので、皮膚科にいってきました。

もともと6月の中旬に予約が入っていましたが、あまりに辛くて急遽予約をしました。

 

いつも担当してくださっている医師の予約の空きがなく、

別の医師での診察となりました。

 

私の症状をみて、医師から『以前なら入院レベルだよ』と言われ、

まさかの入院?とびっくりしました。

ですが今は『デュピクセント』という通院で可能な注射の治療薬がでたため、

通院か一週間入院して紫外線治療を受けるか選択ができるとのことでした。

私は通院で可能な『デュピクセント』を選ぶことにしました。

 

毎日、毎日、副作用の肌荒れが辛いとは思ってはいましたが、

まさか医師に入院の選択肢を与えられるとは思いませんでした。

やはり私は我慢づよいのかもしれません。

 

入院するほど悪いんだと思ったら、家のこともやらなくていいやと、

すぐに気持ちを切り替えて夜は適当ご飯にしました♪

入院していたら、家事は本来やらなくていいですからね。

旦那さんにも入院を医師に薦められたことをアピールしまくって

色々家のことを手伝ってもらいました。

※普段から手伝ってくれてはいますが、せっかくなのでコキ使います♪

 

毎日、毎日、肌荒れで落ち込んだりこんなに辛いんだったら

タモキシフェンの服用もやめてしまおうかと思って、もやもやしていたので、

この辛い状況が改善されるかと思うと一安心です。

 

少し心配なのは注射がかなり高額(約40,000円)らしいので、

家計にどれほどのインパクトを与えるのかが不安です。

まぁ命には代えられないので、ここはやるしかないですね!

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

緊急搬送

みなさん、こんにちは。

乾燥で体がかゆくなっている旦那です。

 

先日いつものように仕事をしていると、父が入居している施設から電話が。。。

父が朝食後にグッタリしており、緊急搬送されるというものでした。

朝食は普通に取れていたようですが、施設の人が話しかけても

反応が鈍く、座ったまま少し斜めに身体が傾いていたようです。

往診の先生がたまたま来る日だったので、看てもらったところ、

緊急搬送の指示があったようです。

 

コロナの影響でなかなか搬送先の病院が見つからず、

痙攣も始まったようですが、やっと搬入先の病院が決まりました。

 

私も仕事を中断して、すぐにタクシーで病院に向かいました。

脳梗塞の疑いもありましたが、癲癇だけの可能性もあり、

とりあえず痙攣は薬で止まったようです。

 

わがままな父親ですので、心配でしたが、正直母親の時と異なり、

あまり悲しいという気持ちが薄い気がします。

私って実は冷たい人間なのかなぁと思ってしまいました。

 

一通りの処置が終わり、面会は出来ませんでしたが、

看護師さんに5Fの病棟に行くように指示を受けたので、5Fに行きました。

右と左にそれぞれ病棟があり、どちらか分からず、とりあえず右の病棟に。

院内スタッフらしい人がいたので、声をかけると

 「呼出しボタン押しましたか?押してください!私ここの病棟じゃないんで

と冷たく言われました。

 「いやいや、病棟すら分からないから声をかけたのに、何その言い方?

と思いました。病院の質が分かる気がします。忙しい感じもなく、

いかにもお昼ご飯食べてきた「昼休憩中」の感じだったので声かけたのに。

 

説明を受け、入院手続きをし、必要なものは1Fのコンビニで購入。

お昼ご飯も食べずにタクシーで会社に戻って、再び仕事をしました。

 

今年は落ち着いた年にしたかったのに。。。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

ホルモン療法、再開しました!!

みなさん、こんにちは。

最近、携帯の調子が悪く、買い替えが必要そうです。

「携帯料金よ、もっと安くなれ~!」と思っている鬼嫁です。

 

タモキシフェンを服用してから、冷え性・肌荒れ・抜け毛・便秘などに

悩んできました。

その中でも肌荒れ・抜け毛が本当に嫌で、

鏡をみたり、肌をみるだけで悲しくなりました。

 以前に書いた記事 → タモキシフェンの再開を悩む

 

医師に相談して、約6ヶ月間休薬していました。

赤み・湿疹はなくなったものの、以前のような肌ではなく

乾燥肌で粉が吹いたような感じです。

結局、肌荒れはタモキシフェンが原因かハッキリわかりませんでした。

髪はYouTubeで抜け毛にいいという頭皮マッサージを繰り返していたら、

徐々に生えてきました。

 

髪も肌も季節がらだったのか、すごく調子が悪いときより回復してきたので、

診察日が近づくにつれ、

 「そろそろタモキシフェンを再開しようかな~」

と考えていました。

以前、薬剤師さんに相談しながら自分なりに選択肢をまとめました。

 以前に書いた記事 → タモキシフェン再開に悩む②

 

そして3ヶ月ごとの乳腺外科の診察日に医師から

 『リンパ節転移が多いので、タモキシフェンをやめるのはリスクがある

と言われました。

でも薬を再開するとまた辛い肌荒れの日々がきそうな気がしたので

 『タモキシフェン10㎎はどうですか?それで様子をみてもいいですか?

と医師に提案しました。

医師も飲まないよりはいいと思ったのか、

 『そうしましょう。10㎎と通常の20㎎を、

  様子をみながら交互に飲んでる人もいるので』

と言っていました。

 『な~んだ、他にも通常より半分の10㎎飲んでる人いるんじゃん!』

と思ったら一安心しました。

とりあえず服用をやめるという決断もできなかったので、

10㎎のタモキシフェンで様子をみてみようと思います。

 

タモキシフェンで副作用が辛い方は10㎎に減らしたり休薬したりなど、

医師に相談してみてはいかがでしょか。

私はイヤイヤ治療するより、自分で納得した治療をするほうが

病気にもより効くのではと考えております。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

緩和ケア登録時の注意点

みなさん、こんにちは。

秋と言えばやはり食欲を思い浮かべる旦那です。

 

健康診断の結果で、要治療となってしまった今日この頃、

みなさん健康管理はしっかりされておりますでしょうか。

 

空腸ガンを患い、施設に入居している母親ですが、

現在通院している病院の「緩和ケア科」に以前登録をしました。

 

むくみが全身に広がり、歩くこともできない状態になってしまいました。

医療保険を使ったマッサージ(1回500円)も今の状態で実施するのは

危険と判断されてしまいました。

 

栄養を取ること、むくみを取ることを最優先に考え、病院に

電話をしたのですが、一切対応をしてもらえませんでした。

 

緩和ケアは病院によってそれぞれ異なるようですが、

通院先の病院では点滴などは「治療」とみなされるようです。

 「治療は行わず、痛みや苦痛をやわらげる

恐らくこれがこの病院の緩和ケアのようです。

そして内科の先生に診てもらえないかという話をしても

 「緩和ケアに移っているのでできません

との回答です・・・

 

施設の往診の先生から通院先の主治医の先生に話をして頂き、

なんとか点滴を施設でやって頂ける事になり、少し回復できましたので、

まずはホッとしました。

 

緩和ケアの説明は登録時に2回受けましたが、ここまで何も実施しないとは

思いませんでした。認識が甘かったです。同時に、

 「何もしないなら主治医の意味がないじゃないか!?

とさえ思ってきました。

毎月キツイ身体で通院をしていますが、進捗確認をして薬を調整するだけ。

緩和ケアってそういうところと言われてしまえばそれまでですが、

だったら登録しないという選択肢もあったと思います。

母もかなりキツイ様子なので、今後は別の病院を検討するようです。

※病院によって扱えない薬があるようなので、注意です。

 

緩和ケアを探していらっしゃる方はよく説明を聞いた上で

登録した方が良いかと思います。

 「こんなはずじゃなかった」

という事にならないようご注意くださいね。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

タモキシフェン再開に悩む②

みなさん、こんにちは。

いっきに寒くなって、冷えが気になる鬼嫁です。

 

あと数日で乳がんの定期検診があるので、

タモキシフェンを再開するか医師と相談することになります。

今のところは、タモキシフェンをやめる勇気もないので

あと1年は頑張って続けてみようかと思います。

 

薬局の薬剤師さんに肌荒れの件を説明し、解決策を一緒に考えて頂きました。

今日は薬剤師さんと自分で考えてみた解決策を書いてみたいと思います。

ちなみに、薬剤師さんも副作用で肌荒れに悩む人はみたことがないそうです。

 

解決策① 『タモキシフェン10㎎を服用する』

通常に処方されているのは20㎎なので、半分の10㎎を飲みます。

作用は少し落ちてしまかもしれませんが、これでしばらく肌の様子をみます。

 

解決策② 『トレミフェンを服用する』

タモキシフェンと同じ抗エストロゲンの作用があり、

がん細胞の増殖を抑えます。インターネットで調べてみたところ、

閉経後に服用するかもしれませんが、服用の時期は医師に確認してみます。

 

解決策③ 『タモキシフェン20㎎を毎日ではなく週3回くらい飲む』

毎日服用すると、また前回のように肌が真っ赤に腫れあがると思います。

それを少しでも抑えるためにタモキシフェンの効果は落ちるかもしれませんが、

飲まないよりはマシだと思います。。。

 

これを医師に提案して相談してみようと思います。

どうなることやら。。。

自分の身体の事は自分が1番良く分かっていると思います。

自分1人で決めるのではなく、周囲の意見を聞きながら、

 「何が1番良い方法なのか

を考えてみます。

これからも長い乳がんの治療と前向きに向き合っていくためにも

大切な事だと思います。

 

乳がんの治療でこういう工夫してますよー

という方がいらっしゃいましたら、是非コメント頂ければと思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

奇跡の人が意識していること

みなさん、こんにちは。

出社時はお化粧が面倒くさくて眉毛しか書いていない鬼嫁です。

(マスクしてるからいっか笑)

 

私の派遣先に親切な同世代の上司がいまして、

その方のお義母さんは現在75歳くらいです。

しかし、実は何十年か前に子宮ガンになり全摘出をしたそうです。

その方はお医者さんに

 『あなたが今、生きているのは奇跡です

と言われているそうです。

私も奇跡の女になりたい(笑)

と思い、その方が意識していることをお聞きしたので3点ご紹介します。

 

①治療中はバカになって、薬がめちゃくちゃ効いていると思うこと

私もこれ意識してたかも(笑)

『プラシーボ効果』というものです。

人間は不思議なもので、想像すればいろんな効果が期待できると思います。

薬の効果を最大限に発揮されるように思い込みが大事なんですね。

 

②生きなければいけないという理由をみつけること

上司のお義母さんは、子宮ガンになった当時、小さいお子様が3人いたようで、

旦那は家事ができないし、私がいなくなったら子ども達は

 路頭に迷ってしまう。生きなければ!

と思っていたそうです。

私も乳がんの治療中は旦那さんと結婚したばかりでしたので、

旦那さんと色んな所に旅行に行ったり、美味しいものを食べたり

色んな経験をしたいので、これからも楽しく長く生きる!

と思いながら治療をしていました。

 

③絶対に再発しないと思わないこと

絶対に再発しないと思っていて、万が一、再発してしまったときのショックは

とてつもなく大きいとのことでこういった意識をしていたそうです。

確かに、こういった意識をしておけば無理もしませんし、

日常でも自分の健康に気を付けようと心掛けることができますね。

私も乳がんになる前は『自分に病気なんて無関係!』くらいに思っていましたね〜。

私もこれからは気を付けます!!

 

大病をしましたが、元気な方々のお話を聞けたら

何を心掛けているか今後はインプットしていこうと思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

空腸ガンの今後の治療

みなさん、こんにちは。

急な大雨が降ったりして、最近は異常気象かなと思っている旦那です。

 

黄疸が出てしまった母親ですが、処置がうまくいったようで、

目や顔の黄色が少し引いてきてホッとしています。

この調子でいけば抗がん剤治療に入れるようです。

 

ただし、内科の先生曰く、この抗がん剤で完全には恐らく治らないとの事。

延命的な治療になるであろうと言われてしまいました。

 「治る見込みがないなら延命治療はやめてほしい!」

母親は元気な頃からそう言っていました。

 

母親と私の2人で聞いていましたが、私の気持ちも複雑です。

この抗がん剤治療は母親にとっては良い選択なのだろうか・・・

そう思っていましたが、母親はまだやり残している事があるようで、

抗がん剤をやる決心をしてくれました。

私もしっかりサポートしていかなければいけませんね!

 

今回の抗がん剤は、飲み薬を服用する方法と点滴をする方法の

いずれかになるようです。いずれも家での実施となります。

飲み薬の方が良さそうな気もしましたが、以下の理由から点滴にする予定です。

 ①錠剤が大きく、高齢者には呑み込みづらい

 ②気持ち悪くなったり、しびれが出てきても、つい頑張って服用し続ける

 ③通院の頻度が飲み薬3週間に対して、点滴2週間と通院の頻度が高い

通院の頻度が高いと交通費の面、体力面で大変という事もありますが、

先生に状態を見てもらえる回数が多いという利点もあります。

また、真面目な母親は飲み薬が効いていると思うと、

副作用でしびれが出ても、頑張って飲み続けてしまう危険がありそうです。

本当に辛い場合は自分から飲む事をやめるという選択をする勇気が求められます。

 

点滴の針を抜く必要があるので、こちらは訪問看護を利用したり、

生活面は訪問介護を利用していければと思います。

勿論ご近所さんなど、色々な人の力を借りて治療できればと思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

黄疸が・・・

みなさん、こんにちは。
母親の病院の付き添いに行ってきた旦那です。

 

空腸ガンの手術を終え、わずか3ヶ月で再発してしまった母と一緒に

内科の先生に話を聞いてきました。

本当は抗がん剤治療のスケジュールについて話を聞く予定でしたが、

黄疸が出てしまった為、こちらを治療する事が先になってしまいました。

 

胆嚢の付近のリンパが腫れてしまい、胆管を圧迫している事から

胆汁が流れず、黄疸が出てしまっているようです。

3ヶ月前の手術直後は0.3位の数値でしたが、検査した結果、

7.0まで上昇しており、20になると意識障害が出て危険な状況になるとの事。

 

黄疸は顔や目が黄色くなり、便が白くなる特徴があるようです。

この黄疸の処置をしなければ、1ヶ月で肝不全を起こす可能性があり、

肝臓がしっかり機能しなければ抗がん剤治療はできないようです。

急遽翌日から入院する事になりました。

 

父親は母親に依存しており、1人では全く何もできません。

先日圧迫骨折で入院した為、安心していましたが、

回復が早いようで、このままいくと退院し、要介護の認定は難しそうです。

 「なんで体調悪い状況を維持しないんだよ!

といら立ちを隠せません。

施設に入ってもらおうにも要介護3がつかなければ老健にも入れないし、

1人で生活なんてできないし、お金もないし・・・

 

母親と父親同時の入院・・・緊急連絡先は両方とも私にしました。

どこまでサポートできるか不安ですが、やるしかありません。

 

母親には元気になってもらいたいと思っていますが、

治療するのは母親ですし、代わってあげる事もできません。

頑張って欲しいという気持ちは、時々無責任なのかなぁとも思います。

長く生きて欲しいという願いは私の自己満足なのかもしれません・・・

本人がどうしたいか、何を望んでいるのかを汲み取ってあげないと。

母親がいなくなるなんて考えたくありませんが、母親の人生ですからね。

今日食べたガストのランチが一緒に食べる最後のご飯になるのかな。。。

少し弱気になっている今日この頃です。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

健康でいるために〜意識改革!!

みなさん、こんにちは。

私が住んでいる地域もやっと緊急事態宣言が解除しそうなので、

ホットしている鬼嫁です。(※しばらくは油断できませんが)

 

病気が発覚する前の私の性格、それは身体によくないよな〜

と思える思考や行動ばかり。

単純に考えてまた同じことをやっていればまた同じ病気を

引き寄せるのではないかと思った私は、

治療後に少しずつ意識改革をしています!!

 

★病気発覚前の性格や行動

・しなくてもいい我慢する(自己犠牲)

・勝ち気で誰かと衝突する

・あえて困難な道に進む

・湯船につからずシャワーだけの日が多い

・車通勤(運動もしない)

・人にどうみられているかを気にしすぎる

・自己肯定感が低い(自分をくよくよ責める)

・愚痴が多い

・なかなか行動しない

・自分のことを不死身だと思っていた

などなどです。

以上を治療後に意識改革するとこんな感じになります。

・しなくてもいい我慢する(自己犠牲)

  →なるべく我慢しないで好きなことをやるように心地良い場所に身を置く

・勝ち気で誰かと衝突する

  →逃げるが勝ちと思い、苦手な人とはあまりかかわらない

・あえて困難な道に進む

  →なるべく気楽で楽しそうな道を選ぶ

・湯船につからずシャワーだけの日が多い

  →湯船に使ってリラックス

・車通勤だし、運動もしない

  →電車通勤にしてウォーキングなど身体を動かすようにする

・人にどうみられているかを気にしすぎる

  →マイペースで自分やりたいことをやるようにする

・自己肯定感が低い(自分をくよくよ責める)

  →自分を否定しない。褒めてあげる

・愚痴が多い

  →好きなこと楽しいことに時間をさくので愚痴があまりでない

・なかなか行動しない

  →人生一度きり、やりたいと思ったことは実行する

・自分のことを不死身だと思っていた

  →自分もガンになる。強くないんだと思って大切に扱う

 

以上、自分の心の声に耳を傾け自分を大切に、大事に扱うというものです。

人生一度きりなので健康で楽しく過ごしたいものです。

みなさんは何か心がけていることはありますか?

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。