PCR検査を受けてきました

みなさん、こんにちは。
相変わらず発熱が続いている旦那です。

 

先日コロナウィルスの感染の有無を確認する為、PCR検査を受けてきました。

ほぼ間違いなくコロナウィルスの感染ではないという事を内科の先生に

言われていましたが、いざ受けるとなるとかなり不安になり、

色々インターネットで事前に調べてみました。

 

唾液を採取する方法のようで、甘い物等は直前に飲まない方が良いと思い、

お水だけを飲んでいきました。

お金は内科の先生からの指示で検査を受ける為、発生しませんでした。

 

私が受けたのはドライブスルーで、直前まで車の窓を開けず、車の中で待機、

係りの人がプラカードを出して、声の無い会話をしました。

 「PCR検査を受けますか?受ける場合は手を挙げてください

 「指示があるまで窓を開けないで待機してください

などなどです。

 

検査の順番が回ってきました。

唾液の準備はバッチリです!

窓を開け、医師から「マスクを鼻の下までずらしてください

と言われ、「ん?鼻の下まで?」と思い、言われた通りにしました。

するとメッチャ長い綿棒を鼻にぐぐぐっ~と入れられました・・・

唾液じゃないんですかーーー?

急な出来事でビックリしました。

しかも結構痛いし・・・(泣)

終わったら速やかに帰宅・・・

 

翌日は在宅勤務でした。

集中していない訳ではないですが、まだ結果でないのかなぁと不安になりながら

午前中過ごしましたが、病院からは全く連絡がきません。

陽性の場合は保健所からも連絡があるようで、

 「保健所から電話来たらどうしよう?

と思っていました。

16時になり、流石に病院に連絡すると「たった今結果がでました。」

と・・・(ホントかな?)

結果は陰性でした。ホントにホッとしました。

6,000名以上の会社の第1号だったらどうしようとか色々考えちゃいました。

という事は、この発熱の原因は結局不明のまま・・・

困った、困った。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

PCR検査を受けることに・・・

みなさん、こんにちは。
微熱が全く治らず、困り果てている旦那です。

 

微熱が出始めてから2週間が経ちますが、相変わらずです。

熱の上がり下がりが激しく、原因も分からず、困惑しています。

 

先日、近所の内科にかかり、レントゲン撮影や採血を行いましたが、

肺炎ではなさそうで、コロナウィルス特有の炎症も全く見られないとの事。

血液検査もこの数値があがるとコロナウィルスの疑いがあるというものが

あるそうですが、これもまた正常値・・・

 

病院で体温を測ったら38.1℃だった為、先生から

 「可能性は低いですが、ずっと熱が続いているので、PCR検査を受けますか」

と言われました。

 

もう正直不安しかありません。。。

夜の会合や飲み会もしっかり自粛していて、通勤もほとんど車、

感染しないようにかなり注意していたのに、いざ噂のPCR検査となると

かなり不安です。

 どんな検査なのかな?

 費用はいくらなのかな?

 どれ位の時間検査するのかな?

 検査結果はどれくらいで出るのかな?

知らない事ばかりです。

とりあえず検査日程について月曜に病院から電話が入る予定です。

 

味覚もバッチリ、頭痛や目の奥の痛みも引いてきており、身体のだるさもなし。

水分をしっかり取っているからか多少下痢っぽい感じはあるものの、

食欲もあって、正直熱だけの状態です。

 

なんか・・・これで万が一感染していたら・・・と思うと怖いです。

まぁ、感染していたら治すしかないのですが、職場のみんな、家族、

ご近所さんに迷惑をかけてしまうのかなぁ・・・

 

一体いつ治るのか、原因は何なのか、毎年こんな状態になるので

どんな対策を取れば良いのかなど、知りたい事が山ほどあります。

インターネットで検索してもさっぱり分かりません。

 

何かPCR検査、微熱の症状の情報がある方がいらっしゃいましたら

教えて頂ければと思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

37回目の誕生日♪

みなさん、こんにちは。

最近、旦那さんの影響で外食のカレーが好きになってきた鬼嫁です。

(※独身のときは実家の手作りカレーだけが好きでした。)

 

先日、37回目の誕生日を迎えましたー!!

ホントにありがたいです。

若いときは歳をとるなんて。。。

と思ってましたが、病気になってからは誕生日を迎えられることが嬉しいです。

だから盛大にお祝いしたいのに、コロナウィルスの影響で

4連休なのに遠出もできず、友人にも会えず寂しい誕生日でした。

あまりの寂しさに、最近よく連絡をとっている友人に

 『嘘でもいいから、明日誕生日のお祝いのLINEをください。

と自分で催促したのでした。(笑)

誕生日当日には、体調が悪いはずの義理の母が電話でお祝いの言葉をくれて、

とっても嬉しかったです。

尊敬してる派遣先の上司からもお休みの日なのに、お祝いのメッセージが

届いてめちゃくちゃ嬉しかったです。

 

当日は近所のケーキ屋さんにケーキを買いにいきました。

今は桃フェアらしく、私は桃のケーキにしました〜

よくばって次の日に食べるシュークリームも買いました。(笑)

コロナウィルスで地味なお祝いにはなってしまいましたが、

こうやって普通にお祝いできることが感謝なんですよね。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

原因不明の微熱・・・

みなさん、こんにちは。
原因不明の微熱に悩まされている旦那です。

 

そろそろ梅雨明けですので、布団をしっかり干したいと思っている今日この頃

いかがお過ごしでしょうか。

 

1週間近く、原因不明の微熱に悩んでいます。

平均体温は約36.5℃ですが、36.8~36.9℃あたりの微熱です。

目の奥や頭も少し痛い状況です。

毎年この時期になるとこの症状が表れ、酷い時はこれが1ヶ月近く続きます。

 

熱が一時的に37.3℃まで上がってしまった為、コロナウィルスの心配もあり、

とりあえず保健所に電話してみましたが、コロナウィルスの症状が出ていない為、

PCR検査をすぐに受ける必要はなく、内科にかかってくださいとの事でした。

 

確かに、味覚もハッキリしている、感染者と濃厚接触をしていない、

会合、カラオケ等に行っていない、通勤時間は短い上に時々車で通勤、

喉の痛みもない、家族の健康状態も良好という事で、

コロナウィルスの心配はなさそうです。

 

病院に事前に電話をして、来院して問題ない旨のお話を頂きましたので

行ってきました。

先生からも風邪とは言われず、原因が分からないようで、薬ではなく

漢方を処方して頂きました。

 

恐らく、普段汗をかくような運動を一切行っていない為、発汗機能が

正常に働かず、身体に熱がこもってしまっているのではないかと思います。

 

処方して頂いた漢方は「麻黄湯」と言って、食前に飲む粉状のものです。

発熱、頭痛はあるけれど、汗はでないという方に処方されるようです。

早速食前に飲んでみたのですが、食後に熱を測ったら37.7℃でビックリしました。

良くなってないじゃん!?

とかなり焦りましたが、インターネットで調べてみたところ、

汗をかかせる為に体温を上昇させる効果があるそうです(笑)

 

鬼嫁からも「普段から運動しないから、こういう事になる・・・」

とチクチク言われました。反省します、今年は(笑)

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

検診の結果&休薬について

みなさん、こんにちは。
長く続く雨に飽きてきた鬼嫁です。

 

コロナウィルスの影響で延期になっていた定期的な検診を先日行いました。

一年に一回のマンモグラフィです。

 「相変わらず痛かった〜!!

一年に一回なのでどのくらい痛かったか忘れちゃいますね(笑)

結果は問題なしでした!

ほっとしました〜

 

そして今回病院に行ったメインの目的は、

タモキシフェンを続けるかどうかを医師に相談すること。

タモキシフェンを服用し始めて、2ヶ月後くらい経過してから

肌荒れや乾燥が酷くなり、その後も徐々に酷くなってきました。

 

最近はコロナウィルス拡大防止による自粛の生活にストレスもあったし、

タモキシフェンからくる肌荒れ、抜け毛、フケに嫌気がさしていたので

医師に会って、タモキシフェンの服用を辞めたいと相談しました。

 

休薬してから3ヶ月くらいたちましたが、

あまり肌荒れがよくなっていない状態をみて、医師は

 『この肌荒れはタモキシフェンのせいなのか。

  生理がとまっていたせいかもしれない。

と言っていました。

医師も私のような肌荒れの副作用がでた患者をみたことがないとのことでした。

再発予防のためにも簡単にタモキシフェンを辞めていいとは言えないようです。

(※決断するのは結局自分ですが)

 

でも私からしたらタモキシフェン飲んでから2ヶ月で

苦しい肌荒れになったので「タモキシフェンとしか思えない〜!」。

医師と話し合いをして、とりあえず肌荒れの様子をみるために

タモキシフェンの服用は10月まで延期になりました。

副作用がでなければ私も普通に服用したいんですけどね。

 

旦那さんも心配してくれています。

医師としっかり相談して、決めているなら問題ないけれど、

医師の診断、意見も無しに勝手に自分で決断するのは危険だと・・・

ですので、これからもしっかりと医師に相談しながら、治療を

進めていこうと思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

抗がん剤をしない選択・・・

みなさん、こんにちは。

7月なのに雨が多くて少し気分も晴れない旦那です。

 

コロナウィルスが再び広がりを見せており、

 「手洗い、うがい、マスクの着用をしっかりしなければ!

と思っている今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

空腸ガンを患い、黄疸が出てしまった母の状態ですが、

黄疸は解消したものの、抗がん剤が思ったように効いておらず、

抗がん剤をしない決断をしました。

 

空腸ガンはあまり症例のないガンの為、大腸ガンや胃ガンに効果的な

抗がん剤を投与する事が一般的なようですが、この抗がん剤が

あまり効いていないようなのです。

 

病院の先生からは「抗がん剤はオススメしません」と言われたようです。

ただし、本人が望むのであれば、全力でサポートはするとの事です。

 「投与してもしなくても恐らく1、2ヶ月の延命程度にしかならない」

とも言われたようです。

 

体力的な面、生活的な面などを総合的に判断し、母も抗がん剤をやらない

決断をしたようです。私が逆の立場でもその決断をしたと思います。

 

あちらこちらのリンパに転移が見られる事から、

いつまで生きてくれるのか、不安が頭をよぎります。

 「生きた期間ではなく、どうやって生きたかが重要!

講演会でもそんな話を聞きました。

そうは言っても、家族としては長く生きて欲しいと思ってしまいます。

 「本人が満足のいく人生だったのかが1番大切・・・

分かっているつもりですが、気持ちは複雑です。

 

コロナウィルスの影響で、遠出は勿論できませんが、

温泉や美味しい物を食べる事が大好きな母ですので、

車で行ける近くの温泉に連れて行ってあげたいです。

食事もどれだけ食べれるかは分かりませんが、

少しでも楽しんでくれれば私も嬉しです。

 

QOLという言葉は知っていますが、ここまで真剣に意識したのは

恥ずかしながら生まれて初めてかもしれません。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

もうすぐコロナ後の初の検査!

はぁ〜

気兼ねなく飛行機にのってどこか旅行に行きたい鬼嫁です。

(※機内食をモリモリ食べたい・・・)

 

私は一年に一回マンモグラフィと3ヶ月に一回エコーの検査をしています。

今年の3月に、この2つの検査をやる予定でしたが、

病院が都内にある為、コロナ感染防止のため、特別に延期させて頂きました。

まだ都内では次の波が来ているのか、徐々に感染者も増えつつあります。

しかし、いつまでも検査を受けないわけにはいかないので、

7月上旬に久々に検査を受けに行ってきます。

検査を受けにいくのでさえ緊張するのに、

コロナの心配もしなくてはいけないので心の疲れが大変です。(*_*)

 

近づいてくる検査日・・・少しでも緊張を和らげたいと思っていたところ、

会社の上司のから久々にランチのお誘いを頂いたり、

お隣さんご夫婦から晩御飯のお誘いを頂いたりしました。

コロナの影響で3ヶ月以上、親しい方とご飯を食べに行っていなかったので、

健康で無事に楽しくご飯に行けるって当たり前じゃなくて幸せなことなんだと

改めて感じました。

お隣さんご夫婦はコロナで私達が結婚式をできなかったのを知って、

中華料理でお祝いしてくれました〜!!

とってもとっても嬉しかったです。

 

私の好きな五目焼きそばです。

とっても美味しかった〜♪

結婚式はできなくて残念でしたけど、こうやってお祝いして頂いて

嬉しいこともあるものですね〜。

素敵な方達に恵まれて感謝です!

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

奇跡の人が意識していること

みなさん、こんにちは。

出社時はお化粧が面倒くさくて眉毛しか書いていない鬼嫁です。

(マスクしてるからいっか笑)

 

私の派遣先に親切な同世代の上司がいまして、

その方のお義母さんは現在75歳くらいです。

しかし、実は何十年か前に子宮ガンになり全摘出をしたそうです。

その方はお医者さんに

 『あなたが今、生きているのは奇跡です

と言われているそうです。

私も奇跡の女になりたい(笑)

と思い、その方が意識していることをお聞きしたので3点ご紹介します。

 

①治療中はバカになって、薬がめちゃくちゃ効いていると思うこと

私もこれ意識してたかも(笑)

『プラシーボ効果』というものです。

人間は不思議なもので、想像すればいろんな効果が期待できると思います。

薬の効果を最大限に発揮されるように思い込みが大事なんですね。

 

②生きなければいけないという理由をみつけること

上司のお義母さんは、子宮ガンになった当時、小さいお子様が3人いたようで、

旦那は家事ができないし、私がいなくなったら子ども達は

 路頭に迷ってしまう。生きなければ!

と思っていたそうです。

私も乳がんの治療中は旦那さんと結婚したばかりでしたので、

旦那さんと色んな所に旅行に行ったり、美味しいものを食べたり

色んな経験をしたいので、これからも楽しく長く生きる!

と思いながら治療をしていました。

 

③絶対に再発しないと思わないこと

絶対に再発しないと思っていて、万が一、再発してしまったときのショックは

とてつもなく大きいとのことでこういった意識をしていたそうです。

確かに、こういった意識をしておけば無理もしませんし、

日常でも自分の健康に気を付けようと心掛けることができますね。

私も乳がんになる前は『自分に病気なんて無関係!』くらいに思っていましたね〜。

私もこれからは気を付けます!!

 

大病をしましたが、元気な方々のお話を聞けたら

何を心掛けているか今後はインプットしていこうと思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

空腸ガンの今後の治療

みなさん、こんにちは。

急な大雨が降ったりして、最近は異常気象かなと思っている旦那です。

 

黄疸が出てしまった母親ですが、処置がうまくいったようで、

目や顔の黄色が少し引いてきてホッとしています。

この調子でいけば抗がん剤治療に入れるようです。

 

ただし、内科の先生曰く、この抗がん剤で完全には恐らく治らないとの事。

延命的な治療になるであろうと言われてしまいました。

 「治る見込みがないなら延命治療はやめてほしい!」

母親は元気な頃からそう言っていました。

 

母親と私の2人で聞いていましたが、私の気持ちも複雑です。

この抗がん剤治療は母親にとっては良い選択なのだろうか・・・

そう思っていましたが、母親はまだやり残している事があるようで、

抗がん剤をやる決心をしてくれました。

私もしっかりサポートしていかなければいけませんね!

 

今回の抗がん剤は、飲み薬を服用する方法と点滴をする方法の

いずれかになるようです。いずれも家での実施となります。

飲み薬の方が良さそうな気もしましたが、以下の理由から点滴にする予定です。

 ①錠剤が大きく、高齢者には呑み込みづらい

 ②気持ち悪くなったり、しびれが出てきても、つい頑張って服用し続ける

 ③通院の頻度が飲み薬3週間に対して、点滴2週間と通院の頻度が高い

通院の頻度が高いと交通費の面、体力面で大変という事もありますが、

先生に状態を見てもらえる回数が多いという利点もあります。

また、真面目な母親は飲み薬が効いていると思うと、

副作用でしびれが出ても、頑張って飲み続けてしまう危険がありそうです。

本当に辛い場合は自分から飲む事をやめるという選択をする勇気が求められます。

 

点滴の針を抜く必要があるので、こちらは訪問看護を利用したり、

生活面は訪問介護を利用していければと思います。

勿論ご近所さんなど、色々な人の力を借りて治療できればと思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

黄疸が・・・

みなさん、こんにちは。
母親の病院の付き添いに行ってきた旦那です。

 

空腸ガンの手術を終え、わずか3ヶ月で再発してしまった母と一緒に

内科の先生に話を聞いてきました。

本当は抗がん剤治療のスケジュールについて話を聞く予定でしたが、

黄疸が出てしまった為、こちらを治療する事が先になってしまいました。

 

胆嚢の付近のリンパが腫れてしまい、胆管を圧迫している事から

胆汁が流れず、黄疸が出てしまっているようです。

3ヶ月前の手術直後は0.3位の数値でしたが、検査した結果、

7.0まで上昇しており、20になると意識障害が出て危険な状況になるとの事。

 

黄疸は顔や目が黄色くなり、便が白くなる特徴があるようです。

この黄疸の処置をしなければ、1ヶ月で肝不全を起こす可能性があり、

肝臓がしっかり機能しなければ抗がん剤治療はできないようです。

急遽翌日から入院する事になりました。

 

父親は母親に依存しており、1人では全く何もできません。

先日圧迫骨折で入院した為、安心していましたが、

回復が早いようで、このままいくと退院し、要介護の認定は難しそうです。

 「なんで体調悪い状況を維持しないんだよ!

といら立ちを隠せません。

施設に入ってもらおうにも要介護3がつかなければ老健にも入れないし、

1人で生活なんてできないし、お金もないし・・・

 

母親と父親同時の入院・・・緊急連絡先は両方とも私にしました。

どこまでサポートできるか不安ですが、やるしかありません。

 

母親には元気になってもらいたいと思っていますが、

治療するのは母親ですし、代わってあげる事もできません。

頑張って欲しいという気持ちは、時々無責任なのかなぁとも思います。

長く生きて欲しいという願いは私の自己満足なのかもしれません・・・

本人がどうしたいか、何を望んでいるのかを汲み取ってあげないと。

母親がいなくなるなんて考えたくありませんが、母親の人生ですからね。

今日食べたガストのランチが一緒に食べる最後のご飯になるのかな。。。

少し弱気になっている今日この頃です。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。