黄疸が・・・

みなさん、こんにちは。
母親の病院の付き添いに行ってきた旦那です。

 

空腸ガンの手術を終え、わずか3ヶ月で再発してしまった母と一緒に

内科の先生に話を聞いてきました。

本当は抗がん剤治療のスケジュールについて話を聞く予定でしたが、

黄疸が出てしまった為、こちらを治療する事が先になってしまいました。

 

胆嚢の付近のリンパが腫れてしまい、胆管を圧迫している事から

胆汁が流れず、黄疸が出てしまっているようです。

3ヶ月前の手術直後は0.3位の数値でしたが、検査した結果、

7.0まで上昇しており、20になると意識障害が出て危険な状況になるとの事。

 

黄疸は顔や目が黄色くなり、便が白くなる特徴があるようです。

この黄疸の処置をしなければ、1ヶ月で肝不全を起こす可能性があり、

肝臓がしっかり機能しなければ抗がん剤治療はできないようです。

急遽翌日から入院する事になりました。

 

父親は母親に依存しており、1人では全く何もできません。

先日圧迫骨折で入院した為、安心していましたが、

回復が早いようで、このままいくと退院し、要介護の認定は難しそうです。

 「なんで体調悪い状況を維持しないんだよ!

といら立ちを隠せません。

施設に入ってもらおうにも要介護3がつかなければ老健にも入れないし、

1人で生活なんてできないし、お金もないし・・・

 

母親と父親同時の入院・・・緊急連絡先は両方とも私にしました。

どこまでサポートできるか不安ですが、やるしかありません。

 

母親には元気になってもらいたいと思っていますが、

治療するのは母親ですし、代わってあげる事もできません。

頑張って欲しいという気持ちは、時々無責任なのかなぁとも思います。

長く生きて欲しいという願いは私の自己満足なのかもしれません・・・

本人がどうしたいか、何を望んでいるのかを汲み取ってあげないと。

母親がいなくなるなんて考えたくありませんが、母親の人生ですからね。

今日食べたガストのランチが一緒に食べる最後のご飯になるのかな。。。

少し弱気になっている今日この頃です。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です