苦渋の決断(*_*)

みなさん、こんにちは。

自宅のトイレが詰まってしまった鬼嫁です。

クラシ○○を呼んで無事に詰まりは直りました。

先日、コロナウイルスで緊急事態宣言が発表されました。

私が住んでいる埼玉県も該当しています。

緊急事態宣言が出された翌日に結婚式場から

 『緊急事態宣言の一ヶ月間の期間に結婚式をあげられる方は、

  今回に限り延期・キャンセルが無料でできます。

との電話がありました。

 

私達は5月3日に挙式する予定でしたのでガッツリ入っています。

もともと身内だけの結婚式でしたので、キャンセル料がかかるなら、

来てくれる人だけでもいいし、最悪夫婦二人だけでもやろうと

意気込んでいましたので、この電話で気持ちが揺らぎました。

 

身内に医療・福祉関係者もいますから仕事でコロナ感染に気を付けているのに、

結婚式で気を使わせても申し訳ないですし、義理の母も空腸ガンを患いました。

世間も自粛ムードなのに、私達だけ盛り上がるのもな〜

いくら冠婚葬祭とはいえ、結局、私達が挙式をすることにより、

結婚式場の社員の方を動かすことになるので感染のリスクをあげてしまいますしね。

そんなことを色々考えたり、どうなるかわからないことを悶々と考えるのも

ストレスなのでここは一度、キャンセルしよう決意して電話をしました。

 

都内の病院の皮膚科に思うように通院できず、皮膚も荒れてドレス着るのも

テンションが下がっていたので丁度よかったかもしれません。

しかもコロナのせいにしますが外出自粛で太ってきました。

(※家で何も運動やら努力してないからですけど(笑))

 

人生ホントに色んなことが起きますね。

災害やらコロナウイルスやら乳がんやら。

普通に買い物に行けたり仕事に行けたりするだけで、

本当に幸せなことなのだと日々痛感しますね。

毎日できるだけ笑って楽しく過ごしたいものです。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です