緊急搬送

みなさん、こんにちは。

乾燥で体がかゆくなっている旦那です。

 

先日いつものように仕事をしていると、父が入居している施設から電話が。。。

父が朝食後にグッタリしており、緊急搬送されるというものでした。

朝食は普通に取れていたようですが、施設の人が話しかけても

反応が鈍く、座ったまま少し斜めに身体が傾いていたようです。

往診の先生がたまたま来る日だったので、看てもらったところ、

緊急搬送の指示があったようです。

 

コロナの影響でなかなか搬送先の病院が見つからず、

痙攣も始まったようですが、やっと搬入先の病院が決まりました。

 

私も仕事を中断して、すぐにタクシーで病院に向かいました。

脳梗塞の疑いもありましたが、癲癇だけの可能性もあり、

とりあえず痙攣は薬で止まったようです。

 

わがままな父親ですので、心配でしたが、正直母親の時と異なり、

あまり悲しいという気持ちが薄い気がします。

私って実は冷たい人間なのかなぁと思ってしまいました。

 

一通りの処置が終わり、面会は出来ませんでしたが、

看護師さんに5Fの病棟に行くように指示を受けたので、5Fに行きました。

右と左にそれぞれ病棟があり、どちらか分からず、とりあえず右の病棟に。

院内スタッフらしい人がいたので、声をかけると

 「呼出しボタン押しましたか?押してください!私ここの病棟じゃないんで

と冷たく言われました。

 「いやいや、病棟すら分からないから声をかけたのに、何その言い方?

と思いました。病院の質が分かる気がします。忙しい感じもなく、

いかにもお昼ご飯食べてきた「昼休憩中」の感じだったので声かけたのに。

 

説明を受け、入院手続きをし、必要なものは1Fのコンビニで購入。

お昼ご飯も食べずにタクシーで会社に戻って、再び仕事をしました。

 

今年は落ち着いた年にしたかったのに。。。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です