細胞診の検査しました(T_T)

みなさん、こんにちは。

カキフライが好きな鬼嫁です。

 

2017年3月下旬に乳ガンの手術をしてから早いもので丸4年経とうとしています。

先週タモキシフェンの服用と検査で病院に行きましたが、ホントに緊張しました。

通院日の一週間くらい前から、『あ~(通院)来週か~』で始まり、

前日には『とうとう明日かぁ(>_<)』、

そして当日は『今日がやってきた(T_T)ホントに行きたくない!!

と考えるばかり。

しかもまた緊急事態宣言が出始めたのに尚更行きたくないよ~と思う。。。

乳ガンだけでも神経つかうのに、コロナにも気をつけなきゃいけないなんて

ホントに精神ずたぼろです。

当日の朝旦那さんに『病院行きたくないよ~(T_T)』と落ち込んでいたら、

旦那さんが『大丈夫だよ~万が一再発したら治せばいいんだから!

と優しい言葉をかけてくれました。

 

そして病院につきとうとう医師によばれました。

今日は検査をするのかな~と思っていたら、

医師が触診をして鎖骨の上を触り、

 『ちょっとここ腫れてるね。

と言われ、以前からあった腫れを指摘されました。

今まではアトピーということもあってアトピーの傷により、

リンパが腫れることがあるらしく、今まではそんなに触っても

気にならないということで何もしてませんでした。

しこりが少し大きくなっていたのか、医師から

 『いちよ、細胞診の検査しとこう

と言われ、ささっと検査開始しました。

医師がエコーで確認しながら注射のようなものをさして細胞をとり無事終了。

(首を反対側に傾けていたので様子はみれず)

 

結果は緊急事態宣言もでてるので郵送してもらうことにしました。

一人で結果をみるのが怖すぎる。

医師も『大丈夫だと思うけど』とはいってましたが、

100%大丈夫なんて言えないですし。

 

帰って旦那さんに細胞診をやったことを報告したら、

 万が一癌でも治せばいいんだから♪
 とりあえず今日は甘いもの食べてお疲れさまだ~

と言ってコンビニスイーツを買ってきてくれて一緒に食べました。

ありがたくてうるっときました。旦那さんありがとう!!

ホントに何もないといーなー。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です