精神科で仲良くなった方とお茶会

みなさん、こんにちは。
今年の夏もあっという間に終わるなぁ〜と感じている鬼嫁です。

 

精神科のカウンセリングの後に『瞑想』の会に参加しましたが、

その時に仲良くなった方と先日お茶会をしてきました。

彼女は私より少し年上でガンサバイバーです。

私と同時期の2017年に手術をされたようです。

私の世代はガンサバイバーは少ないので、病気の経験やその時の気持ちなどを

話し合うことはできないので、お茶会ができてとっても嬉しかったです。

 

家族や友人に日頃、病気の話をして助けてもらっていますが、

ガンサバイバーの方と話すとガンが発覚した時に感じた気持ち、

治療中のことなど大変だったことをお互い経験しているので、

とっても共感ができます。

でも彼女も明るい方なのでジメジメとならず、時々笑いながらお話できました。

 

彼女も既に仕事をされているので、職場のお話や、家庭の話、検査の話など

色々お話をし、夕方から始まり、気付いたら3時間以上経過していました!!

(※こうなることを予測していたので、旦那さんには夕飯を外で食べてくるように

 伝えてました。さすができる嫁!!)


※お茶会だけでなく、2人でお寿司も食べちゃいました(笑)

 

話し合いの結果、

 『これからの人生無理せず、楽しく生きよう!!

ということでまとまりました。

病気になったときはやっぱりイヤだったし、不安だし、落ち込んだりもしましたが、

こういった楽しく、そして新しい人たちとの出会いがあると

「案外、病気したのも悪くはないのかなぁ〜」

と思えます。

彼女とはまたお茶会ができれば嬉しいです。

 

みなさんも不安なときは一人で悩まず、

色々な人に話を聞いてもらうのも良いかもしれません。

きっと同じような境遇の人、自分を理解してくれる人が見つかります!

私にアドバイス出来る事であれば、遠慮なく言ってくださいね。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です