空腸ガンの母の施設入居

みなさん、こんにちは。

微熱が落ち着いてきたと思ったら今度は原因不明の咳に

悩まされている旦那です。

 

咳が止まらないと周囲の目が気になります・・・

PCR検査は異常はなかったんですよーと言いたい今日この頃、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

空腸ガンを患い、抗がん剤治療はしないと決心した母ですが、

先日、施設へ入居しました。訪問看護、訪問介護は利用していましたが、

家族としては、夜中などの緊急時に誰か近くにいてくれる施設に入居

してもらった方が安心です。

 

中には

 「施設じゃなくて家が良い!

という方もいると思います。もしかしたらその方が多いかもしれませんが、

母は自分の状況をしっかり分かっているようで、希望通りかどうか

本心は分かりませんが、施設への入居を決心しました。

 

一緒に入居手続きに行ったのですが、持っていく荷物の多さにビックリ。

普段母に対してあまりイライラしないのですが、これにはさすがに

イライラしました。

 

衣装ケース4ケース、手荷物バッグ2つ、お茶2ケース、などなど。

予想外の多さで、全部車に詰め込めない状況でしたので、

少し実家に置いていく事にしました。

 

しかも、実は数日前にも荷物を叔母さんに運んでもらったという話です。

さらに翌日には棚が届くとかいう話です。

 

私はもう長くないから・・・」と諦めモードの割に、1ヶ月間くらい

海外旅行に行くのか?という量です。

今はあまり考えたくありませんが、

 「今後退去する事になった際、運ぶのは誰ですか?

と聞きたかったです。

 

施設自体はサービス付高齢者住宅で、まだ出来上がって間もない為か

凄くキレイですし、スタッフのみなさんの説明も分かり易かったです。

年齢が少し若いので、他の入居者さんとお話しが合うのか心配ですが、

社交的な母なので、きっとうまくやってくれると思います。

 

基本的に毎日メールや電話はしていますが、私の家から近いので、

ちょくちょく様子を見にいきたいと思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です