空腸ガンの母の心配事

みなさん、こんにちは。

秋に限らず食欲がある旦那です。

 

サンマが食べたい今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

先日、母の入居している施設に行ってきました。

コロナウィルスの影響で週2回まで面会が許されており、

連休中は色々な方が様子を見にきてくれるとの事でしたので、

回数制限もある事から私はあえて行きませんでした。

ホントに嬉しい事です。

 

さて、空腸ガンを患い、抗がん剤治療は行わない決意をした母親ですが、

痛みと内臓をガン細胞が圧迫している事もあって、なかなか思うように

食事が取れていないようです。

体重も20kgも減っており、食べる事が大好きな母をただ見守る事しか

できないのは、やはり家族として苦しいものです。

 

食事制限が無いのが救いです。

お煎餅や果物等を複数回に分けて食べているようですので、

食べれるものを少しずつ食べてもらいたいです。

 

足もむくんできてしまっているので、1回500円のマッサージを頼む方が

良いかもしれません。自分だとついついサボりがちになりますので・・・

 

そんな母ですが、心配事はやはり別の施設に入居している父の事です。

現在の施設は長くても1年間しか居る事ができず、また施設探しが必要です。

現在要介護3ですが、来年は要介護3はでない事が想定されます。

次回の介護認定までに以下の条件の施設を探す必要があります。

 ①看取りまで入居可能

 ②通院等を行ってくれる

 

数ヶ月前に入居できてホッとしたのに、また探さなければいけないとは・・・

介護業界の知人が何名かいて、「今の内に探しておくべきだ!

と言われたようです。

正直、私が探すよりも言ってくださった方に探して頂いた方が早いと思うので、

お願いしようと思います。

 

そして、この心配事が解決した時、母親の緊張の糸が切れる心配もしています。

 「父親の事が落ち着いたら、ちゃんと自分の事に専念する事!

そういう約束をする事にします。

なかなか落ち着かないですねぇ・・・

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です