相変わらずの父親。。。

みなさん、こんにちは。
来年の夏はプールにいってみたいと思っている鬼嫁です。

今年の2月から入退院を繰り返していた父親ですが、現在も大学病院に入院中です。

下血があり大学病院に転院しましたが、色々な検査しても悪いところはどこも

みつからず。。。下血も転院してからおさまりました。

 

身体はどこも悪い所はないのに、最近の父親は生きる気力もないので

どんどん弱っていき、口からご飯を食べることができなくなり、

鼻からチューブで栄養をとっている状態です。

 

入院先の主治医の先生が言うには

『飲み込むリハビリを病院でも試みてみましたが、

 本人に治そうという意欲がありません。

 何か精神的なものがあるのではと思い、

 病院にある精神科の医師に見てもらったのですが

 診断された病名は『複雑性悲嘆』という精神疾患でした。』

とのことです。

去年の冬に母親が亡くなったのですが、それが影響しているのでしょうか?

分かりませんが・・・

※まぁ、両親の夫婦仲は良くなかったですけどね(笑)

私達がいくら励ましても、本人に治そうという意欲がなければどうしようもない

と思います。厳しい言い方かもしれませんが父親が自分で選んだ生き方です。

病気をした私としては、

 「これからは楽しく、生き生きとした人生を送る!」

と父親を反面教師として決意しています。

 

ここまで育ててくれたので感謝の気持ちも勿論ありますし、

私も乳がんを経験しているので、まわりの事よりも今は自分の事で精一杯

という気持ちも分かります。ですので、モヤモヤした感じになる事もしばしば。

そんな時は旦那さんにも病院に一緒に来てもらってます。

今の父親の姿を見たら、母親はどんな風に思うんだろうなぁ・・・

 

何か趣味や興味のあること、元気を出せるきっかけみたいなものが

あれば良いなぁって思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です