病院選びと手術当日の気持ち

 

みなさん、こんにちは。

鬼嫁です。

 

私は2017年の3月下旬に手術をしました。

病院は検査をして、診断をうけた地元の病院で手術をしました。

色々と迷いましたが、私は以下の理由から決めました。

 1 担当医師が母親の主治医でもあり、信頼関係があったこと
 2 少しでも早く癌を取り除きたかったこと
 3 実家から近かったこと

他の病院に紹介状をかいてもらう方法もありましたが、

手術がどんどん遅れてしまい、不安が増してしまうので・・・

 

医師の事前説明で乳房部分切除術を行いました。

手術中にリンパ節への転移もみられ、腋窩(えきか)リンパ節郭清も行いました。

手術は4~5時間くらいかかったと思います。

 

手術の日はなんともいえない心境で、変な緊張感でした。

母親と夫が付き添ってくれて少しリラックスできました。

手術台に横になると、緊張がピークに達しました(泣)

その時、看護婦さんが腕や身体を優しくさすってくださり、

そのマッサージで一気に安心感と暖かさが伝わってきたのを

今でも覚えていて、感謝を伝えたいくらい本当に嬉しかったです。

 

これから病院を探される方、手術前で不安な方にとって

少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

術後の様子についてはまた書かせて頂きますね。

 

読んでいただきありがとうございました。
他のブログを参考にしたい方は下のボタンをクリックしてください。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です