病院のコロナ対応にありがたや〜

みなさん、こんにちは。
近所の桜が見頃を迎えて、嬉しい鬼嫁です。

 

私は埼玉県に住んでいて、都内の聖路加国際病院に通っています。

通院には電車を乗り継いで一時間強かかります。

 

今年の3月で乳がんの手術から丸三年が経ち、定期的にマンモとエコーの検診、

タモキシフェンの処方をしていただいています。

 

先週、乳腺外科の診察予約がありましたがコロナウイルスの影響で、

電車を乗り継いで都内までいった方が良いのか、前日まで悩んでいました。

診察日の前日、17時過ぎに病院から電話がありました。

仕事で電話に出られずかけ直したのですが、繋がらなかったので

診察日当日の早朝に電話をしました。

受付の方によると、乳腺外科の医師がかけてくれたようで、

現在コロナウイルスの影響で遠方の方が電車を乗り継いで通院したり、

病院の待機時間で不安になったりと大変なので電話での診察対応をしている

とのことでした。

 

私の場合は検査を延期するだけですので、今回に限り電話診察が可能とのこと。

タモキシフェンも私が住んでいる近所の薬局の店名・住所・電話・FAX番号を

受付の方に伝えれば病院から薬局にFAXを送り、薬局から自宅に郵送か受け取りに

いくことで対応可能とのことでした。

 

私は検査を受けるのにも緊張でストレスなのに、

コロナウイルスが話題となっている中で通院するのも不安なので、

今回は電話での診察をお願いしました。

お昼前後くらいに医師から電話があり、現状の報告、次の検査の診察予約をして

あとは受付の方に薬局の上記情報を伝えて終わりました。

その後、4日以内に薬局にお薬をとりにいき、今回は無事に終了しました。

 

病院もコロナウイルスで対応が大変な所、病院から電話診察の提案をして頂いて

本当にありがたいです。

病院関係者も感染のリスクも高い中、毎日対応してくださっています。

本当に感謝です。

コロナウイルスは色んな所に影響がでているので、早く終息してほしいですね。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です