病院に○○を持ち込む旦那

みなさん、こんにちは。
山盛りポテトフライが好きな鬼嫁です。

 

今日は2017年、乳がん治療中の旦那さんのマイペースっぷりを

書かせていただきます。 

※みなさんは決してマネをしてはいけません。笑

 

私は乳がんが発覚し、実家の近くの病院で手術をしました。

そのあと病理検査でリンパに転移していることがわかりました。

転移数が9/15 個と多めでしたので他の臓器に転移していないかCTをとりましたが、

その結果、肺に少し影がみつかったため、抗がん剤治療を行う

聖路加国際病院で転移してないかの検査入院をすることになりました。

 

肺に転移していたらどうしようと不安な気持ちもあるし、

胃カメラのような気管支鏡検査って痛みはあるのかな。大丈夫かな・・・

とか色々考えてしまいました。

検査入院は1日でしたが、一人では心細く行きは母と妹が付き添ってくれました。

母と妹が帰ったあともTVをみながら心配と不安の複雑な心境で過ごしていました。

 

夜に旦那さんから仕事終わりにかけつけてくれるという連絡が入りました。

その時は入籍した何ヶ月かあとでまだ同居していなかったので、

『やったー!来てくれるんだー!!』

と嬉しい気持ちでした。ちょっと不安がやわらいだような感じがしました。

 

と喜んだのもつかの間、旦那さんが病院に到着し、

ビニール袋をもっていたので、

『それ、どうしたの?』

と私が聞いたところ

旦那さんが嬉しそうな顔をして、袋からとりだしたのは、

な、何と!缶ビール!!

 

『ちょっと何でもってきてんのよー!?』

と私がいうと、旦那さんは『大丈夫だよ♪』

と言って美味しいそうにグビグビと飲んでいました。

私は検査で水しか飲めないというのに!

しかも缶ビールを飲み終わって血圧を測りにきてくれた看護婦さんに

『この人(私)ちゃんといい子にしてますか?』

とか変なことを言ってからむ始末。。。

そのあとも普段通りにおしゃべりをしたあと、旦那さんは帰っていきました。

とりあえず少し気を紛らわすことはできましたけど・・・

 

その後の検査結果でとりあえず転移はしていなかったのでよかったです。

 

病院にアルコールを持ってくるなんて聞いたことないです。

良い子はマネしないでくださいね。

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

「病院に○○を持ち込む旦那」への2件のフィードバック

  1. コメントありがとう。
    鬼嫁を元気づけようとチョットした悪ふざけです(笑)
    お仕事帰りということもあって飲みたかったのも
    事実ですけどね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です