病理検査の結果

こんにちは。

「モヤモヤさまーず2」を毎週みている鬼嫁です。

 

手術で摘出した組織の検査結果が退院後、約3週間でわかり病院に行きました。

抗がん剤をできればやりたくなかったので、「リンパ節転移が少ないといいな」

と願っていました。

 

が、しかし・・・・・

 

なんと予想を上回る転移の数!!!!!(泣)

主治医から抗がん剤治療はうけたほうがいいと言われました。

抗がん剤はがん細胞を攻撃して死滅させる治療で、

手術や放射線治療が「局所治療」であるのに対し、

抗がん剤治療は「全身に働く治療」だそうです。

ドラマや映画でみたことがある抗がん剤の副作用のイメージは

髪が抜け、やせ細り、吐き気もすごくとても辛い感じ・・・・

幼少期の頃から風邪を引くと吐き気をもよおすタイプだったので

吐き気がほんとに嫌で、心配になり先生にその場で確認しました!!!!

今は抗がん剤投与前に吐き気を強力に抑える予防薬や帰宅後にも

吐き気止めを処方されるとのことでした。

 

もう一つの問題が妊孕性でした。抗がん剤を投与すると生理がとまります。

33歳で婚約直後に病気が発覚し、妊娠も考えていたのでとても複雑な心境でした。

色々悩みましたが、

 「生きること」
 「病気を治すこと」

を優先させなければいけないと思い、抗がん剤治療を決断しました。

 

決断後の状況についてはまた次回に書きます。

読んでいただきありがとうございました。
他のブログを参考にしたい方は下のボタンをクリックしてください。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です