父親の施設探し

みなさんこんにちは。
富山に旅行にいきたい鬼嫁です。

父親はここ最近、入退院を繰り返しており、生きる気力もないし、

退院して実家に戻ってもまた飲まず食わずになりそうです。。。

こんな状況では私達の手にはおえないし、娘達にも別の人生があります。

父親は、今年の7月で65歳になるので、「介護認定」をもらって、

今後、施設で生活をしてもらおうと思っています。

 

只今、勉強中ですが施設には色々な種類があることを知りました。

 ・特別養護老人ホーム
 ・老人保健施設
 ・介護付き有料老人ホーム

などです。

介護度や入居料によって、入居できる施設が決まります。

高校卒業と同時に社会に出て、仕事一筋だった父親が、

65歳で介護保険のお世話になるとは想像もしていませんでした。

 

妹達と協力して、入退院の手続きや市役所にいって介護認定の申請をしたり、

包括支援センターという所に相談したり、入居施設に見学しにいったりと

働きながらやることは盛りだくさんです。

 

これだけ忙しく大変だと、子供が親の面倒をみるために

「介護離職」をするのは大いにありえることなのだと思いました。

私は病気もしたので無理もしたくないですし、そもそも父親のことも

好きではないので、介護離職はしません。

見返りをもとめるのもよくないですが、娘達が頑張っているのを

父親はわかっているのかどうかもわからないので腹も立ちます。

 

ただ、父親とも話をして、実家には帰りたくないということは確認しました。

なんだかんだ言っても父親の人生でもありますので、本人が極力望む

方法で残りの人生を歩んで行ってもらいたいという気持ちもあります・・・

 

旦那さんとも話をしましたが、本人が施設に入った後で、

「こんなはずじゃなかったなぁ・・・」

とは思って欲しくないと思っています。

同じ施設の他の人と和気あいあいとしたいのか、独りでゆっくりしたいのかで、

施設の選び方も変わってきます。難しいものですね・・・

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です