検診の結果&休薬について

みなさん、こんにちは。
長く続く雨に飽きてきた鬼嫁です。

 

コロナウィルスの影響で延期になっていた定期的な検診を先日行いました。

一年に一回のマンモグラフィです。

 「相変わらず痛かった〜!!

一年に一回なのでどのくらい痛かったか忘れちゃいますね(笑)

結果は問題なしでした!

ほっとしました〜

 

そして今回病院に行ったメインの目的は、

タモキシフェンを続けるかどうかを医師に相談すること。

タモキシフェンを服用し始めて、2ヶ月後くらい経過してから

肌荒れや乾燥が酷くなり、その後も徐々に酷くなってきました。

 

最近はコロナウィルス拡大防止による自粛の生活にストレスもあったし、

タモキシフェンからくる肌荒れ、抜け毛、フケに嫌気がさしていたので

医師に会って、タモキシフェンの服用を辞めたいと相談しました。

 

休薬してから3ヶ月くらいたちましたが、

あまり肌荒れがよくなっていない状態をみて、医師は

 『この肌荒れはタモキシフェンのせいなのか。

  生理がとまっていたせいかもしれない。

と言っていました。

医師も私のような肌荒れの副作用がでた患者をみたことがないとのことでした。

再発予防のためにも簡単にタモキシフェンを辞めていいとは言えないようです。

(※決断するのは結局自分ですが)

 

でも私からしたらタモキシフェン飲んでから2ヶ月で

苦しい肌荒れになったので「タモキシフェンとしか思えない〜!」。

医師と話し合いをして、とりあえず肌荒れの様子をみるために

タモキシフェンの服用は10月まで延期になりました。

副作用がでなければ私も普通に服用したいんですけどね。

 

旦那さんも心配してくれています。

医師としっかり相談して、決めているなら問題ないけれど、

医師の診断、意見も無しに勝手に自分で決断するのは危険だと・・・

ですので、これからもしっかりと医師に相談しながら、治療を

進めていこうと思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です