抗がん剤治療~1回目~

みなさん、こんにちは。

ピザが大好きな鬼嫁です。

 

去年の6月から抗がん剤治療がスタートしました。

1回目の抗がん剤はAC療法(アドリアシン+エンドキサン)の投与でした。

当日は不安で病院に行くのが本当に憂鬱でした。

旦那さんも付き添いで来てくれました。

 

治療を受ける前に熱を測り、問診票に体調不良がないことを記入して、

先生の診察を受けてから投与します。

聖路加国際病院の治療室はキレイでマッサージチェアのようなイスに座り、

イヤホンをすればテレビをみながら治療をうけることができます。

投与は3~4時間かかるため、飲み物・食べ物を持参してもオッケーでした。

治療室には私の他にも投与されている方々がいて、テレビをみていたり、

寝ていたり、私が思ったよりリラックスして過ごされている印象をうけました。

私も1回目の投与はテレビをみながら治療をうけていました。

吐き気を心配していましたが、終わった時は特に吐き気を感じることはなく

「大丈夫だ!!」と思いながら自宅まで電車に乗って帰りました。

 

家につき、旦那さんが車で外出するというのでついていくことにしたのですが・・・

 

用を済ませ、帰りの途中で道が混んでいたので、走ったり止まったりの繰り返し。

(旦那さんはそんなに運転が上手くないかも・・・・・(笑))

それで車酔いをしてしまったのか、突然吐き気が襲ってきました。

早く家につくことを願い、駐車場についたら飛び降りるように車から降りました。

そこからは吐き気との闘いでした。本当に辛かったです。。。。

2、3日くらい横になっていました。。。。

 

調子にのって外出なんてするんじゃなかったと後悔しました。(泣)

 

読んでいただきありがとうございました。
他のブログを参考にしたい方は下のボタンをクリックしてください。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です