抗がん剤治療決断後~病院選び~

こんにちは。

夏休みはどこにいこうか考えている鬼嫁です。

 

抗がん剤の治療をするか悩んでいたとき、主治医から妊孕性の問題も聞きました。

「まだ若いので妊孕性について詳しい病院で一度、説明をうけてみては。。。」

とのことでした。

抗がん剤治療は子宮にも影響を与える為、有名な病院のほうが色々な選択肢があり、

副作用の少ない治療だけでなく、効果的な治療ができるのではないかと思い、

主治医が紹介してくれた聖路加国際病院に行って話を聞くことにしました。

 

聖路加国際病院では抗がん剤治療は通院で行い、同時に強い吐き気止めを投与する為

2、3日後に身体がだるくなるのではないかと医師が説明してくれました。

妊孕性については受精卵凍結の方法を薦められましたが、

凍結をしますと抗がん剤治療の開始が約2か月遅れてしまうとのことでした。

凍結をするか迷いましたが、身体の中のガン細胞をできるだけ早く消滅させたい

そして治療が遅くなるという不安もあり深く考える余裕もなく受精卵凍結は

旦那さんとも相談して、諦めることにしました。

 

最近、参加した若年性乳がんサポートコミュニティ”Pink Ring”の調査によると

妊孕性温存を実施した患者さんは17%という報告がされていて、

実施している患者さんは少ないという印象を受けました。

 

治療が終わり、最近は

「受精卵凍結をしておけば良かったのかな。。。。」

と少し考える時もありましたが、”17%”という数字を見ますと、

やはりみなさん治療開始時期は気持ちにあまり余裕がなく、

私と同じような理由で実施していない方も少なくないのかなーと思ったりしています。

決断は難しいですね。

 

読んでいただきありがとうございました。
他のブログを参考にしたい方は下のボタンをクリックしてください。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です