抗がん剤をしない選択・・・

みなさん、こんにちは。

7月なのに雨が多くて少し気分も晴れない旦那です。

 

コロナウィルスが再び広がりを見せており、

 「手洗い、うがい、マスクの着用をしっかりしなければ!

と思っている今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

空腸ガンを患い、黄疸が出てしまった母の状態ですが、

黄疸は解消したものの、抗がん剤が思ったように効いておらず、

抗がん剤をしない決断をしました。

 

空腸ガンはあまり症例のないガンの為、大腸ガンや胃ガンに効果的な

抗がん剤を投与する事が一般的なようですが、この抗がん剤が

あまり効いていないようなのです。

 

病院の先生からは「抗がん剤はオススメしません」と言われたようです。

ただし、本人が望むのであれば、全力でサポートはするとの事です。

 「投与してもしなくても恐らく1、2ヶ月の延命程度にしかならない」

とも言われたようです。

 

体力的な面、生活的な面などを総合的に判断し、母も抗がん剤をやらない

決断をしたようです。私が逆の立場でもその決断をしたと思います。

 

あちらこちらのリンパに転移が見られる事から、

いつまで生きてくれるのか、不安が頭をよぎります。

 「生きた期間ではなく、どうやって生きたかが重要!

講演会でもそんな話を聞きました。

そうは言っても、家族としては長く生きて欲しいと思ってしまいます。

 「本人が満足のいく人生だったのかが1番大切・・・

分かっているつもりですが、気持ちは複雑です。

 

コロナウィルスの影響で、遠出は勿論できませんが、

温泉や美味しい物を食べる事が大好きな母ですので、

車で行ける近くの温泉に連れて行ってあげたいです。

食事もどれだけ食べれるかは分かりませんが、

少しでも楽しんでくれれば私も嬉しです。

 

QOLという言葉は知っていますが、ここまで真剣に意識したのは

恥ずかしながら生まれて初めてかもしれません。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

「抗がん剤をしない選択・・・」への4件のフィードバック

    1. 内藤さん、コメントありがとうございます。
      無理しないでマイペースに頑張りますね。

  1. はじめまして。
    実母が3年前に子宮体ガンで他界しました。家族がガンに罹患したら自分がガンにかかった場合にどんな生活をしたいか、と問いかける機会になりますよね。
    お母さまご自身が心安らぐ生活。あ~楽しかった!と言っていただけると最高ですね。

    1. Keikoさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      家族にとってつらい時期ではありますが、本人が納得できる人生を歩んで行って欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です