我が家の特殊なサンタさん

みなさん、こんにちは。

小さい頃はサンタさんを信じていた夫です。

明日はいよいよクリスマスイヴですね。

みなさんのおうちにはどんなサンタさんが来るのでしょうか。

残念ながら今年もサンタさんは我が家にはやって来てくれなさそうです(笑)。

 

ちなみに小さい頃は、家に煙突がなくてもサンタさんは家にこっそり侵入し、

プレゼントを置いておいてくれましたので、どうやら来てくれるくれないは

煙突の有無とは無関係のようです。

 

小さい頃、私にとってサンタさんは本当に「不思議」で夢のような存在でした。

ちなみに小学生の頃までサンタさんは本当にいると思い込んでいた人間です♪

大人になってからは物欲がなく、お金はほとんど飲み会などに使っていますが、

小さい頃はノンタンの絵本や変形するロボットやゲームが欲しかったりしました。

 

今日の夜はサンタさんが来てくれると思うと、興奮して、眠れなくなり、

寝ないとサンタさんが来てくれない!

と泣いた事もあります。

 

ちなみに、我が家に来るサンタさんは少し変わっていまして、

あまり高級な物を欲しがりますと両親から

 「サンタさんはね、みんなのプレゼントを用意しなくちゃいけなくて大変だから、

  枕元にお金を置いておくとプレゼントを持ってきてくれるよ!」

と言われていました。

 

つまり・・・

 「現金引き換え型のサンタさん

でした(笑)

翌朝、目が覚めるとプレゼントと引き換えに現金がなくなっているという

何とも生々しいサンタさんでしたが、それでもまだ「サンタさんはいる!」

と信じていました。

 

また別の年に届いたプレゼントを見て、「おや?」と思った事もあります。

「お母さん、サンタさんのプレゼント、ビバホームって書いてあるよ!」

と訪ねてみたところ、

 「サンタさんが近くのビバホームに寄ったんだね!」

と言われました。

 「へぇ、そうなんだー」

と言って話は終わりましたが、ソリに乗ったサンタさんがビバホームで途中下車し、

レジでお金を出している姿を想像もせずに納得をした何ともめでたい子供でした。

 

今年みなさんの家に来てくれるのはどのようなサンタさんでしょうか。

このブログを見て、今年のサンタさんが現金引換えのサンタさんに

変わらないか心配です。

読んでいただきありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

他のブログを参考にしたい方は下のボタンをクリックしてください。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

「我が家の特殊なサンタさん」への2件のフィードバック

  1. ふふふ…中々愉快なエピソードですね。

    ウチは…クリスマスプレゼントは「父親が買ってくれるもの」だったので、なんか夢がない(苦笑)

    旦那さんも今日明日が仕事納めですか?

    風邪ひかないようにしてゆっくり休んでくださいね。

    1. お返事ありがとうございます。
      サンタさんは家によっては来ないところもあるみたいですね。
      でもその分ご両親からプレゼントをしっかりともらえるので
      それもまた愛情だと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です