小腸のガン(空腸ガン)

みなさん、こんにちは。
カレーが得意料理の旦那です。

 

先日、母が空腸ガンの手術をしました。

小腸の上の部分(空腸)のガンのようですが、あまり聞かないですよね・・・

それもそのはず、胃ガンや大腸ガンはよく耳にしますが、

小腸のガンは症例自体も少ないようです。

 

 「食欲無いなぁ、食べても戻しちゃうんだよなぁ・・・

なんて思っていて、病院をいくつかまわり、大きな病院で検査したところ、

その場で入院が決定したようです。

 

ガン細胞が小腸を圧迫している為、食事が通らなかったようです。

この為、鼻から一時的に栄養を摂取しておりましたが、

空腸とすぐ隣のリンパを切除し、小腸と十二指腸を繋げる手術が終わり、

今後は少しずつですが、食べられるようになってくるようです。

※手術前の量の半分の量が食べられることをまずは目指すようです。

 

手術は6時間を予定していましたが、5時間ほどで終わりました。

高齢にも関わらず、よく頑張ってくれました。

 

手術中というのはやっぱり待つ時間が長く感じられるものですね。

どうすることもできないのに、やっぱり心配になります。

叔母と従妹も来てくれたので、1人で待つよりもいくらか気は紛れました。

 

母も鬼嫁と同じく乳ガンの経験者です。

8年前に乳ガンを患い、定期的な検査も行っていましたが、

小腸は正直かなり発見しづらい部分であり、定期検査ではなく、

カメラなどで小腸を主とした検査を実施したり、PET検査を実施したりして

発見できるかも?というレベルのようです。

この為、今回のように食事がとれないなどの症状がでないと

なかなか発見はできないとのことです。

※ちなみに乳ガンの転移ではないようです。

 

これから抗がん剤治療になると思いますが、なんせ症例が少ない為、

胃ガンや大腸ガンに効く抗がん剤をまずは試していくようです。

本人の体力と相談しながら無理せず、マイペースに治療して欲しいですし、

私もできる部分はしっかりサポートしていこうと思っています。

本人が自分らしい生活を送る為に、どのような治療方針を望むのか、

今後内科の先生を含めて、じっくり相談ですね。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。
 

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

「小腸のガン(空腸ガン)」への2件のフィードバック

  1. 手術が無事に終わって良かったね。

    両親はまだウチは健在だけど、いずれ同じ経験をするのだろう、と思ってしまいますね。

    1. ありがとう。
      まだまだ大変だけど、まずは第一歩だね。
      できることを1つ1つやっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です