安全運転

みなさん、こんにちは。
危険運転が怖い旦那です。

 

先日、両親が免許を返納する決心をしてくれたので、ホッとしています。

運転中に急に具合が悪くなって、周囲の人を傷つけてしまったら大変ですよね。

本人は大丈夫だと思っていても、周囲の声に耳を傾けてくれたので嬉しいです。

 

逆に、わざと危険運転を行う人も沢山います。

ここ数日で、危険運転だなと思う車を何台も目撃しました。

母を病院に送迎中、時速50km/h以上で、車1台分位の車間距離しか取らずに

走行している車を目撃しました。

前の車が急ブレーキを踏まざるをえなくなった時に、

まず間違いなく追突するでしょう。

 

急な車線変更を繰り返し、バンバン追い越していく車も目撃しました。

こういう車はさっさと遠くに行って欲しいのですが、こういう車に限って

結局信号待ちで追いついてしまうんですよねぇ・・・

簡単に言うとそれだけ車線変更してもほとんど変わらないということです。

 

私は会社の安全運転管理者を何年もやっていましたので、

心掛けて頂きたいことをいくつかご紹介します。

 

①停車中の車間距離は5m以上

「5mって空け過ぎじゃない?」と思うかもしれませんが、

追突被害事故にあった場合、前の車と挟まれてしまいますので、

少しでもケガを軽減する為に必要です。

えっ?どんどん他の車が前に入ってきちゃうじゃん?

別に良いじゃないですか♪自分の道路じゃないんですから(笑)

 

②フロント部分には物を置かない

ぬいぐるみなどを並べたり、吊るしている方がいますが、大変危険です。

小さい子が「このぬいぐるみかわいい!」と車の前に来ていたらどうですか?

自分が車に乗る時にはいなかったから子供は車の前にいないと言いきれますか?

携帯で時間を確認していた、荷物を確認していた。。。

この僅かな時間で子供は車の死角に入ります。

 

車はとても便利ですが、非常に危険なものでもあります。

1人1人の心掛けで事故は減りますので、一緒に始めませんか。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です