副作用による肌荒れ(丸4年経過)

みなさん、こんにちは。

最近、疲れやすいなぁと感じている鬼嫁です。

 

2017年3月下旬に部分切除の手術をしてから あっという間に丸4年がたちました。

タモキシフェンの副作用としては肌荒れが一番ひどく、量を20㎎から10㎎に

かえてから7か月がたちました。

10㎎で乗り越えられるかと思いましたが、

4月に入ってから冬より粉ふきと赤みが悪化しちゃいました。

インターネットで調べたところ、春は三寒四温や花粉などがあるので

肌が荒れやすいとのことです。

 

寝てる間にひっ掻いてしまい、朝起きたら傷だらけでもうホントに

テンション下がりますわ。

身体痛いし、身体もいつもよりダルいし、やる気がないし。

春ってこんなもんなんですかね・・・

「春は環境の変化からか体調をくずしやすい」と派遣先企業の健康ブログにも

書いてありましたが、特にこれといった環境の変化はないのに。。。

 

先日もお風呂上がりにふくらはぎのところが無性に痒くなりました。

めちゃくちゃ痒いと集中できず魂がどっかいったような感覚になります。

痒すぎて「晩ご飯食べれないかも」と思って、

保湿クリームを時間差で塗りまくったりしていたら一時間後に何とか治りました。

旦那さんが前日に作ってくれていたカレーがあったので

特に用意せずに食べられました。

 

無理してはいけないので、食べた食器洗いも翌日にやろーと思い

そのままにしていたら、翌日に在宅勤務だった旦那さんが仕事終わりに

食器をささっ洗っておいてくれていました。(※在宅勤務ってありがたい)

色々やってくれる旦那さんにホントに感謝です!!

旦那さんが誕生日の時に美味しいと食べてくれたハンバーグを

また作ってあげたいと思います。

お互い無理せずこれからも夫婦で色々と助けあいたいと思っています!!

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です