モデルナワクチン1回目

みなさん、こんにちは。

月見バーガーを食べたい旦那です。

 

8月のひどい暑さもやわらぎ、秋を迎えたなぁと感じている

今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

コロナウィルスのワクチン接種ですが、

地域の予約は全くダメで、会社の職域接種で実施することになりました。

地域の接種の方が早いと思っていたので、チョットびっくりです。

 

職域接種の手続きはホントに大変でした。

国に申請するのも大変でしたが、国がパンク状態で

なかなか日程の返事もこず、会社の上の人からは

「いつ頃なんだ?」とつつかれまくる状態。。。

ホント言うだけって簡単だよなぁ・・・って思います。

 

予約サイトをアナウンスし、期日もメールで周知。

期日前日にもメールを送っているのに

 「予約しなかったんですけど、間に合いますか?」

 「怖くて予約出来なかったけど、間に合いますか?」

 「異物混入って大丈夫ですか?」

などなど、数名から問い合わせが・・・

何とか予約してあげちゃうから甘えるんですよねぇ。

この会社の悪いくせです。異物混入なんて私にどうしろと?

 

さて、私はというと初日に接種をしました。

注射の針を普段あまり見ないのですが、

普通の注射の針より少し長い気がしました。

利き腕と反対の腕に打ちますが、普通の注射よりも高い位置、

肩の少し下に遠山の金さんのようにして腕を出して打ちました。

やっぱり注射なのでチクッとしましたが、それほど痛くはなかったです。

 

打った後は15分ほど、控え室で待機。

アナフィラキシーショックや身体の異変があった際に

すぐに対応できるようにするためですが、異常なしでした。

モデルナアーム、発熱、痛み、痒みなどが心配でしたが、

数日経った今も特段変わりありません。

 

2回目の接種は10月上旬です。

1回目は何も無かったけれど、2回目は発熱する方が多いようなので

解熱剤や冷えピタ、スポーツドリンクを準備します。

夫婦で相談し、2人同日に打つのを避けました。鬼嫁は9月中旬以降。

 

テレビでは、ワクチン接種による死者数や異物混入の報道があります。

事実を報道することは勿論大切ですが、過度にやり過ぎると

不安をあおるだけです。

鬼嫁も接種に対してかなり心配していますが、

あなたは抗がん剤やら全身麻酔やらを乗り越えているでしょう(笑)

ワクチン接種なんて朝飯前だと思うのですが・・・

何はともあれ、次は鬼嫁の1回目の接種。

スムーズに終わることを願っています♪

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です