タモキシフェン10㎎(5ヶ月経過)

※一部肌荒れ画像あり(注意!)

みなさん、こんにちは。

コロナウィルスのワクチン接種が始まり、

秋頃には旅行にいけるかも?と考えている鬼嫁です。

 

タモキシフェン20㎎の服用で原因不明の肌荒れが起きました。

もう去年のひどいときは20㎎でこんなに肌が真っ赤になりました。

 

とにかく肌が辛いので薬剤師やら病院のガン相談センターに電話しました。

薬剤師からタモキシフェン10㎎もあるとの情報を聞き、医師に相談すると

 『10㎎飲んでる人もいるよ

ということだったので、去年の10月から10㎎を服用しています。

10㎎飲み始めて5ヶ月。肌の状態はこちら。

 

わかりづらいかもしれませんが、粉はふいていて乾燥もしていますが

真っ赤にはなっていないです。 

赤い肌の時は毎日チクチクしていたので、今はだいぶ楽です。

 

乳腺外科の医師も私のように肌が真っ赤に荒れたという人は

みたことがないようで、この真っ赤の肌荒れはタモキシフェンが原因なのか

疑問視していました。

しかし10㎎に変えて、20㎎の時より症状が軽いので、

私はやっぱりタモキシフェンが原因の肌荒れだと思いました。

20㎎の時には、冬場は頭皮のフケも酷く髪が細くなり抜け毛も多かったのですが、

今年の冬はフケもそんなに出ず、髪が細いくらいで抜け毛も気になりません。

副作用がひどくタモキシフェンをやめようと思っていたので、

半分の10㎎のなら続けられそうです。

 

人によって副作用は違うものです。

一般的にはホットフラッシュとか言われていますが、私には全然ありません。

ホントに薬剤師に相談してよかったと思いました。

ガンを治すためにつらい薬を服用してストレスためるなんて

本末転倒のような気がします。

これからは色んな人に相談して悩みを聞いてもらうようにします!!

 

私と同じ症状でお悩みの方の少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です