ガンの妻への接し方

みなさん、こんにちは。
メロンソーダが大好きな旦那です。

4月に入り、少しずつ暖かくなってきましたが、まだまだ寒い日もありますね。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 

今日は乳がんになってしまった鬼嫁を持つ家族の目線で書かせて頂きます。

 

私は普段からおちゃらけていて、会社の人にも

「悩みなんてなさそうですね?」

なんて言われますが、実は凄く心配性なのです(笑)

 

私の母親も乳がん経験者であり、他の方より免疫が多少はあったとはいえ

100%安心なんてあり得ないという気持ちもあり、やはり不安でした。

 

でも、本人が1番不安なのに、私まで不安な顔をする訳にもいかず、

普段通り、おちゃらけていましたが、言葉選びはなかなか難しいものでした。

 

「明日検査だけど、大丈夫かな?」

という鬼嫁のさりげない問いに対し、

A「絶対大丈夫だよ~」と答える
 「なんでそんな事分かるのよ?適当な事言わないでよ!」
 と怒られるのではと不安になる。 

B「きっと大丈夫だよ~」と答える
 「なんで絶対大丈夫って言ってくれないのよ!不安になるでしょ!」
 と怒られるのではと不安になる。 

の扉のどちらに飛び込んでも泥水を浴びそうな感じしかしません(笑)

 

そう、結局どの回答も不正解になる可能性が高いのです。

つい先日も同じような質問をされ、思い切って別の回答をしてみました。

C「今色々考えても無駄だよ~!なるようになるさ~♪

 「無駄って何よ?人が真剣に悩んでいるのに!」

結局怒られました(笑)

私は思います。どのような回答をしても怒られる運命なのだと・・・

 

先日夫婦で乳がん経験者のセミナー(フォーラム)に参加してきましたが、

「今の自分と未来の自分は違うので、未来の事をいくら心配しても仕方がない」

と言っていました。鬼嫁は「良い事言うなぁ」なんて関心していましたが、

「はて?私も似たような事言ってるのに・・・」と思いました(泣)

 

理屈で説明してもダメですし、怒られる時はもう怒られちゃいましょう。

大切なのはあまり引きずらないことだと私は思います。

すぐに仲直りして、一緒に美味しいものを食べたり、綺麗な景色を見たり・・・

相手を責めたりせず、スポーツ、ゲーム、スーパー銭湯、お酒など

自分が気分転換できるものを見つけてもよいと思いますよ。

あまり参考にならなかったらごめんなさいね。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

「ガンの妻への接し方」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です