『副作用の肌荒れ問題』〜経過その①〜

みなさん、こんにちは。
オシャレなかき氷を食べに行きたい鬼嫁です。

 

前々回、『タモキシフェン』を服用しはじめて、

全身の乾燥が酷くなり、地元の皮膚科に通ってもよくならない。

この為、検査で通っている聖路加国際病院の皮膚科で診察をうけたという

お話をしましたが、今回はその後の肌の経過を書かせて頂きます。

 

初回の皮膚科の診察で湿疹・痒みを抑える飲み薬二種類と

ステロイドの塗り薬を一週間分処方して頂きました。

 

帰宅してから一週間飲み続けました。

飲み続けてみると、乾燥して粉をふいていたところや、

アトピーで湿疹ができてしまったところなどがだいぶ落ち着いてきました。

ステロイドの飲み薬を処方され、少し飲むのにも抵抗があったのですが、

ダラダラと飲み続けなければ身体にはそんなに害はないと思い服用しました。

肌の状態がいいのは一年ぶりで、心も身体も軽くなりました。

肌が荒れていたときは、朝に起きて傷をみては落ち込む毎日でしたし、

夜も痒くて眠れないせいか日中もだるい感じがしました。

今は、夜も薬を飲んでからぐっすり眠れる日が多くなり、日中も軽やか!!

ホントに幸せです。

 

先日、一週間後にまた皮膚科に経過をみせに診察があったのですが、医師からも

 『だいぶ良くなりましたね。薬がきいているようです。

と言われ、ホントに感謝です。

 『ただステロイドの飲み薬は飲み続けることはできないので

  徐々に減らしていきましょう。またできれば(『タモキシフェン』の)

  代替薬が合えばそちらをお使いになるといいでしょう』

と医師から言われました。

その後、代替薬を相談しに乳腺外科に行き、ホルモンの数値を調べるため、

血液検査をしました。ついでに腫瘍マーカーを検査しましたが、異常なしでした!

現在、生理はきていないのですが、ホルモンの数値(『E2』『FSH』の値)では、

通常の月経の数値とのことでした。

ですので、閉経の人が飲む薬ではなく、『タモキシフェン』を

引き続き飲まなければいけないという結果になりました。

 

今までは後発医薬品を飲んでいたので、これからは先発医薬品である

『タモキシフェン』を飲んで、肌の経過をみようということで医師と確認しました。

先発医薬品でアレルギーがでないことを祈って、お肌が元に戻ればいいなぁと

思っております。

お肌でお悩みの方は抱え込まずに色々な病院に相談してみてくださいね。

 

読んで頂きありがとうございました。

読んでくださったみなさまが健康で笑顔でいられますように☆

励みになりますので、下のボタンのクリックをよろしくお願いします。

投稿者:

まさひろ

こんにちは。まさひろです。 "まさひろ"は私と妻の名前から1文字ずつ取ったニックネームです。 2017年に乳がんになった妻とお互い30代でお見合い結婚をしました。 明るく、美味しい物を食べる事が大好きな共通点を持っています。 意見が合わず、喧嘩もしますが、仲良く過ごしています。 闘病生活での経験や日ごろの生活を夫婦で発信していきますので、 少しでも同じ境遇の方のお役に立てればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です